― ray of light ― ― ray of light ―
ポラロイド写真
  • 2013年03月

回り込み解除

回り込み解除



先程、テンが星になりました…。


もうダメか…という状態も
何度か乗り越えて頑張ってくれてましたが
夕方の散歩から帰って来ると
出かける前には呼吸をしていたテンが
息絶えてました。

抱き上げるとまだかなり温かく、ゲップなんか出ちゃって…。

あんなに ゛お母さんラブ ゛だったのに
帰って来るまでのほんの何分か、、、
待ってられなかったのでしょうかね。


元気だった頃は18kgあった身体も
今では8,5kgにまで落ちましたが
最後まで食欲も落ちず、何よりも苦しまずに逝ってくれました。

虐待のトラウマが消えず、気難しい男でしたが、
テンと共に過ごせた時間に感謝です。

静かに見送ってやりたいと思ってます。

応援して下さった方々には
心からお礼申し上げます。
テンを可愛がって下さって、本当にありがとうございました。


れおら



スポンサーサイト

回り込み解除




りんの状態を後でおさらいしやすいように、覚書として記録しておきます。


丸四日経って、これは真剣に取り組まないと、マジでヤバイ状態だと分かりました。
これほど不安定な犬は見たことがありません。


過去、保護して来た子達(センター引き出し前の保護っ子)の中でも、
問題のある子はいたけれど(相当な虐待経験ありのテンとかね)、
りんは、ちょっと居なかったタイプです。


受け入れる茶々の制裁が少しずつ弱まって来て、ある程度は認めるようになったことと
りん自体も馴れてきたせいか、数々の問題点が浮き彫りになってます。

これは・・・こんな状態であるならば、里親募集に踏み切るべきじゃなかったです。
猛烈に反省しています。


まず、散歩時の興奮とパニックについては
玄関を出る際は落ち着かせても、家を出てすぐに興奮が見られます。
これはすぐにおさまるものの、用足しを終えるまでは完全に落ち着きません。

リードにてコントロールしていたのですが、りんにはチョークチェーンを使うことにしました。
個人的に、刺激が強いチョークチェーンは使いたくないのですが、
ほんのちょっとの刺激を与えてコントロールし、
こちらに意識を向けさせないと、縄抜けしかねません。

初めて使用した際は、リードに噛み付いて嫌がって、私の膝を噛みました。
私だから動じることなくどうってことなく済むのですが、これはマズイ兆候です。

あっちへフラフラ、こっちへちょこまか、ぐいぐい引っ張って
自由気ままに歩こうとするので、そのたびに “ ちょんっ! ” と合図し止まる。
一歩進むごとに、、、が数分続いて、、、5分も経ったころでしょうか、
用足しが終わりさえすれば、別人のようになります。


別人と言っても、完全にずーーーーーっと脚側歩行が出来るわけではありません。
でも、合図さえすれば問題ない程度に歩けます。

しばらくこれで続けてみて、改善していくつもりです。

散歩中の人や犬に対する警戒吠えは、今までで一度もありません。
まったく無視出来てます。
車や自転車などに対しても、今のところ大きなパニックにはなっていません。


家の中での “ 吠え ” に関しては、
うーん、、、まぁ、犬だもの、多少の 「 わんわん! 」はあってもいいでしょう。
我が家の子達がほとんど吠えないので、りんに触発されて、少し吠えてしまうのが大和。


大和は初日に、りんから “カッ!!” とされて以来、強く出れません。
それをりんはちゃんと見抜いていて、大和に対しては大きく出ているのが見られます。
まったく、、、
こんなに大きな身体して、肝っ玉が小さいというか優しすぎるというか・・・(´~`;;)

要求吠えと警戒吠え、どちらもあります。

・・・こんな問題点ばかり書いてたら、
「 えぇ~~っ!なんか大変そう~~・・・ 」
と、どなたとのご縁をも繋げなさそうですが、問題点があっても尚
改善は見込めるし、それを受け入れてくださるご家族だっているんだ!
ということを証明したいです。
だから、あえて包み隠さず書きます。

私がちゃんと把握していなかったという大きな反省点も込めて。


トイレは、どうも、ペットシーツが理解できていないようです。
昨日も一度だけ粗相してしまったので、その辺りにペットシーツを敷いておいたのですが
今日はそこを避けて違う場所にしていました。
出来れば、指示によってペットシーツで用足しできるようになるのが理想です。


とにかく一番の大きな問題は、口が出ちゃうことでしょうかね。。。
パニックになった時、恐怖を感じた時、嬉しい時、興奮した時、
様々な喜怒哀楽の場面で口が出ます。
これはいかん!です。

のんきに遊んでいられません。
少し時間がかかるかも知れませんが・・・それでも、
妥協せずに、しっかりと りんに向き合いたいと思っています。

テーマ:犬のいる生活
ジャンル:ペット

回り込み解除



土曜の夕方から我が家入りして、日曜日、月曜日と
りんちゃんが来てから丸二日が経過しました。

その後、、、大和は非常に微妙な状態です。
今になって考えてみれば、去年、初めて発作を起こす前から度々あった異常は
発作の前兆だったのだなぁ・・・と思える点がいくつかあるのですが
今、それが顕著に見られますので、相当な注意が必要です。



りんちゃんは今のところ、ウンチをトイレから若干外れた所にしただけで
オシッコの失敗はありません。
というか・・・茶々が怖すぎてリビングに入って来れないせいか、
トイレでの用足しをせず、一日三回の散歩で調整しているようです。

現在のりんちゃんの精神状態で無理矢理・・・は禁物なので、
トイレトレーニングは強要してません。


今朝くらいから少しずつみんなの様子を伺いながら、
トイレまではたどり着いて、そーっと匂いを嗅いだりしているので
もっと落ち着きさえすれば、ここでしていいんだなってことが分かるかと思います。


① 散歩中、車を怖がり、自転車も怖がり、犬にも人にも吠えてしまう。
② 家の中では人が通っただけでも、ピンポンにも吠える。
③ 甘噛みではなく、ほぼ攻撃と取れる本気噛みがある。


とのことだったのですが、現在、①と②の吠えに関してはまったく問題ないです。

うちに来てから りんちゃんが声を出したのは、茶々に一喝されて出た悲鳴が二回、
朝に くぅ~ん・・・と小さく鼻鳴きしたのが一回、
お隣の子供達が遊んでいたサッカーボールが玄関に当たって、どーん!と大きな音がした時一回。
私が階段の掃き掃除をしている最中、気配はすれども姿が見えずな状態に甘え鳴き一回。


「 おとなしくて居るのか居ないのか分かんないな・・・。 」 と、居なくてもいい仮父が言ってました。

③については、一度もないです。
朝の散歩後にブラッシングをしていたら、ほんの一瞬お口が出そうになりましたが
ひたすら無視を決め込んで黙々とブラッシングを続けていたら、
一度ぽっきりで止まりました。

ただし、これに関しては今後は要観察です。



そして・・・。
センターを出た直後、センター前の広場で散歩させた際
若干引きが強いけれど、まぁ、これならすぐに直る程度だな、と思っていましたが
なんとなんと、引きが強いどころか、パニックで暴れる&ウィリー状態。

そして、りんちゃんは、プリンセス天功を目指しているのかい??? というくらい
縄抜けならぬ、カラー&ハーネス抜けのイリュージョンをしようとしたり
まともに歩くことすら困難な状態。

あれれれれ?? 一体どうした??????

イリュージョンするなら、どうせなら、落ち葉を万札に変えてくれよ(笑)


万が一、りんちゃんイリュージョンにてすっぽ抜けて逸走に繋がっても
誰が見ても連絡先が分かるように、これでもかっ!というくらい、
カラーにもハーネスにもリードにも、ネームプレートはもちろんのこと
油性マジックで名前と電話番号を書いてアイロンで貼り付けたものを
それぞれ全部に着けまくって、まるで歩く広告塔かのようになってますよ。


過去、佑都も引き出し直後は興奮が激しく、常に全力でウィリー状態での散歩でしたが
佑都のような場合は興奮さえ抑えればいいのだけれど、りんちゃんの場合は
恐怖&パニックが主なので、更に冷静な対処が必要です。

その割に散歩に行く準備をすると、嬉しそうな素振りをするので
何がきっかけで原因はなんなのか見極めようと、4頭同時に行ったり
ゆーーーっくり歩く大和とコンビで行ったり、さっささっさと歩く茶々&メル組で行ったり
りんちゃん一頭のみで行ったりしてます。

思うに、今のりんちゃんに、散歩のパートナー云々は関係ないようです。
自分の思う通りに歩けない、というワガママも根底にあるように感じます。

1~2回でも通ったルートは比較的安心するようで、初めて通る道が苦手なんですね。

少しずつ、少しずつでいいから、
りんちゃんが本来持っているはずの、りんちゃんの中のキラキラが前面に出て、
リラックスして過ごせるようになるといいな。

正直、大和の状態にも気が抜けないのですが、どちらのケアも気を抜かずに
しっかり当たりたいと思ってます。

テーマ:犬のいる生活
ジャンル:ペット

リンクバナー

お散歩バナー001

ブログ用ヒーリングバナー01

ツイッタータイムライン

里親さま募集中!!




愛称:オリ
サビ猫 生後7ヶ月(8月上旬生まれ)
駆虫済み、ワクチン接種済み、避妊手術済み

大型犬がいても猫達の中でも
怖がることなく一緒に過ごしています。
元気すぎるくらい元気でやんちゃなオリちゃんを迎えてくださる素敵なご家族を募集中です。


愛称:しの
キジ猫 生後6ヶ月(9月頃生まれ)
駆虫済み、ワクチン接種済み、避妊手術済み

犬とも問題なく暮らせます。


愛称:りん
体重:10,2kg
駆虫済み、ワクチン接種済み、避妊手術済み
まだまだ家犬修行中ですが、味のある可愛い子です
アレルギーによるアナフィラキシーショックの経験があります

りん については こちら からどうぞ

インフォメーション


保護した犬や猫の幸せ探しのお手伝いをしています
☆どんな子にも一筋の光が当てられますように☆
“ray of light” は、 
そんな想いを込めたブログタイトルです


それぞれが赤い糸をたぐり寄せ、本当の家族と巡り会い、ガッチリと幸せを掴むまで、
管理人のドタバタぶりを交えながらお伝えしています。



当ブログ内の文章・画像など、無断転載及び無断転用はお断り致します。
リンクの際は一言お知らせください。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

※メールアドレスに間違いがあると返信できません。必ず確認してください※

プロフィール

Author:れおら

握力:右43kg ・左38kgしかない、 か弱い女、れおらです。

カテゴリ

リンク

検索キーワード

ブログパーツ 無料

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

RSSリンクの表示

FC2カウンター


現在 人が閲覧中

いつでも里親募集中

PR











クリックで救える命がある。



ジオターゲティング


最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

幸せを掴んだ子達






















※お手伝い※






クリックで広告をご覧頂くとセンターの子達へ買うフードの資金になります

月齢

今日のボトル

HMCA オーラソーマ 今日のボトルのメッセージ

我が家の子達



ブンタ/ケン 12歳/14歳
1996/1999 星になりました


ギンジ 16歳
2006.10.17 星になりました


サブ 15歳
2006.11.11 星になりました


メリー 13歳
2008.8.24 星になりました


エム 6歳
2010.4.20 星になりました


テン 推定14歳
2013.3.26 星になりました


イヴ 推定9歳
2013.4.14 星になりました


メル 推定6歳
譲渡して頂いて家族の一員に。
気は強いけれど、天真爛漫を絵に描いたように明るい子。


ヴィヴィ 6歳(ネロと兄弟)
チョビ髭がチャームポイント。
一瞬エムと間違えてしまうことも・・・
しっかり者だけど、ちょっとのんびりどん臭い。


ネロ 6歳(ヴィヴィと兄弟)
黒豹のような、艶々でしなやかな身体。夜は見つけにくい。
甘ったれでおしゃべり。


茶々 5歳
お問い合わせゼロ記録をSTOPし、
2歳の誕生日を機にれおら家の子に。
本人はれおら家のボスのつもり。


大和 4歳
重度のてんかん持ちですが、
身体はビッグでも、
まるで赤ちゃんのような
ピュアで癒し度満点の子。


はな 4歳
ちょっと気弱な美人さん


人生が輝き出す名言集



presented by 地球の名言

我が家の必須アイテム

画像クリックで商品ページへ

迷子札


サプリメント






ドッグフード







キャットフード





ペットシーツ


ゴートミルク


シャンプー



抗ウィルス・殺菌・除菌・消臭


お散歩アイテム



保護っ子用IDカプセル